今日なに食べよっかな。。

我が家の簡単料理や、おすすめしたい食材など紹介します。

赤根ほうれん草

ただ今

虫垂炎になって入院している二女に付き添い中です。

昨夜、家に荷物を取りに行った際に

茹でておいた赤根ほうれん草持ってきました!

「赤根ほうれん草」

山形の在来作物だそうです。

ワタシがいない間、きっと長女とダンナは

コレを冷蔵庫から出して食べる事はないと思うので。

もったいない!!!

先程、じっくり味わいながらいただきました。

 

f:id:ikiruikeru43:20200526161744j:image

 

小皿がないので

使い捨てコップに盛り付けて。

f:id:ikiruikeru43:20200526135806j:image

なんだか可愛らしい♡

そして美味しい。

一噛み一噛み味わって食べると

より一層美味しい。

赤根ほうれん草は

赤い根っこの部分が甘くて美味しいんです!!

 

日テレ「深イイ話」がアグネス・チャンさんに密着

した時に、アグネス・チャンさんが子育てについて話

していた事で印象に残っている事があります。

単調ではない毎日を過ごすこと、刺激的な毎日こそ

が脳のシナプスを増やし、これからの未来を楽しめ

る子どもに育てる、という事。

食事をとるにしても、色んなもの食べたり、場所を

かえたり!

たとえばいつも、ダイニングテーブルで食べてるけ

ど、今日階段で食べようか!!なんていう変化が

脳にとてもいい刺激になる、ような事を言ってまし

た。それは、ワタシも共感できることで、

今日、ほうれん草をコップに盛り付けただけでも、

可愛いらしい♡って、脳が喜ぶし、美味しそうなも

のを見た時、わ〜っ!!って、脳に喜びが走ります。

アグネスチャンさんの言葉うつさせていただきま

す。

「ルールを守って、いつも通りの生活しかしたくない子を育ててしまったら、大人になって苦労しますよ。だってものすごいスピードで新しいものが出てくる時代ですから。そのたびにストレスになったら、毎日楽しくないじゃないですか。新しいものを求める子にしましょう。新しいものをつくれる子にしましょう。そのためには、親が新しいものを怖がらないで、刺激的な楽しい環境をつくることです」

 

だそうです。

43歳のワタシですが、刺激的な楽しい毎日を過ごしていきたいです!!(o^^o)